2010年04月01日

日本和装パスポート「NiChiPa」(ニチパ)

日本和装パスポート「NiChiPa」が届きました。
CA3C0428.jpg

日本和装修了生の私は、修了生向けの「きものブリリアンツメイツ」に入ったのですが、
その特典の一つとして、この無料サービスがついていました。

無料会員カードだから、大した特典はないだろうと思ってたのですが、
同封されていたサービスガイドブックをパラパラ見てちょっとびっくり。

有名ホテルや旅館、フレンチレストランなどの優待特典がたくさんありました。
憧れのホテルやレストランに、着物でお出かけ・・・なんて楽しみも増えそうです。

日本和装公式ホームページ
posted by かな at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

着物美人への道!!

「着物美人」つながりのブログを発見してしまいました。
着物熱発症中の着物初心者JJさんのブログ、タイトルもずばり「着物美人への道!!」です。

着付けを習いつつ、お茶と料理も習っていらして、花嫁修業中なのでしょうか?
着物でお出かけの様子もとっても楽しそう。
着物をこれから楽しみたい初心者の方にぴったりの、ピンクでかわいいブログです。

ブログではお顔が小さくしか見えないんですが、実物はほんとにびっくりするくらいかわいい方なのです。
しばらくお休みしているメルマガに、いつか登場していただこうと企んでおりまーす。

着物美人への道!!
posted by かな at 05:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 着物リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

全国着物観光ガイド−舞妓変身、和服観光の情報サイト−

全国着物観光ガイド−舞妓変身、和服観光の情報サイト−

全国着物観光ガイド−舞妓体験、和服観光の情報サイト−は、
着物観光をしてみたい人のための観光ガイドです。
着物観光の王道、舞妓変身については特に詳しく解説されています。
posted by かな at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

新しい足袋

tabi.jpgtabi2.jpgtabi3.jpg

夏用の足袋を探してました。
下駄で歩くとやっぱり足が痛いので。

デパートもまわったんですがなかなか気に入るのがなくて、
インターネットの「ゆかた屋」さんで
ピンクの麻の葉模様のを見つけて買いました。

こちらは、有松鳴海絞りをメインで扱うネットのゆかた、着物やさん。
5月には楽天の月間MVPになったそうです。売れてますね〜
掲示板まであって、名古屋出身の美人女将が親切に対応してくれてるのが人気の秘密?(笑)

確かに送られてきた品物は梱包も丁寧で、添えられたお手紙はとても素敵。
また何か買うときはまずここで探そう、と思いました。

いろいろな種類の絞りの浴衣写真が見れられるので、
絞りの浴衣ってどんなの?
って方はちょっとのぞいてみては?

「ゆかた屋」
posted by かな at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

きものの女王と手ぬぐいロードを行く!

大阪泉州地区の伝統的染色技術である「注染(ちゅうせん)」と、
素朴な繊維素材である「晒し木綿(さらしもめん)」とによって作り出される『手ぬぐい』。

 その手ぬぐいを「使う人」、「小売」、「流通」、「染色」のルートを、
2005年全日本きものの女王 入野佳子さん(正統派着物美人!)がたどります。

狂言師や落語家、染色工場の職人さんや、
私の大好きな京都の舞妓てぬぐい屋さんのご主人のインタビューもあり、
みなさんの手ぬぐいに対する愛情が伝わってきます。

また、てぬぐいの伝統的染色技術「注染(ちゅうせん)」の工程を
写真入で分かりやすく解説してくれてて、かなり濃い内容です♪

サイトの感想を送ると、オリジナルデザイン(蝶)の手ぬぐいプレゼント。
(2005/8/31まで)

http://www.f-square.net/waso/chusen/
posted by かな at 20:30| Comment(1) | TrackBack(1) | 着物リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

日本の伝統色名

メルマガは初心者向けなので、あえて、色を誰でもぱっと想像できる名前で呼んでいます。
いきなり文中で「水浅葱」「紅梅色」なーんて出てきても、混乱するだけですし。

でも本当は、日本の伝統色の名前が大好きです。


私が着物の色の名前を探すとき、まず開くのはこちら。


日本の伝統色名 by 日本染織工芸愛好会

『日本の傳統色』を参考にした色票があります。

HTMLのフォントカラー指定で■を表示し、

「伝統色の検索」(色名のあいうえお順での検索)
「日本の色で配色お稽古」
「伝統色名テスト」

などもりだくさんなコーナーがずらり。


「水浅葱」「紅梅色」ってどう読むの?という方はどうぞ!
http://www2s.biglobe.ne.jp/~sakamaki/dentouiro.html
posted by かな at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の伝統色

色って微妙で難しい。
環境によって変わったりするので、パソコンでの表示はさらに難しくなります。

「日本の伝統色名」でなんか色がちがうなー?って思った方は、こちらもチェック。

●日本の伝統色
「日本の傳統色」 長崎盛輝著 京都書院アーツコレクション に記載されている225色の色について、同書掲載のマンセル値からRGB値を算出し、これをWeb上で視覚化することによる色見本の試みです。 先人の色とネーミングのセンス、をお楽しみください。
http://www.asahi-net.or.jp/~xn6t-ogr/colors/tradcolors.html

MacかWinか、ガンマ設定や背景の明るさによって、設定を調整できます。
上の設定をどこで見るの?てかたは忘れてOK!
Macの方には便利かも?
posted by かな at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

「男のきもの大全」

このサイトとメルマガを運営して、一番驚いたのは、
男性から着物を着たいというお声をたくさんいただいたことです。

男の着物姿、はっきり言って、しびれます。
もっと街に自由な着物姿の男子が増えるといいのに・・・
という乙女の意見も結構聞こえてきてます。


でもいただいたご意見で多かったのは、
「どこから入ればいいのかわかんない」というお悩みだったので、
まずは着物風ってイメージで甚平さんをオススメしました。
http://kimonobijin.seesaa.net/article/4402512.html


そろそろ甚平の次に着物を着たい!
て方のための情報を集めてみます。



男の着物といえば、まずはこのサイトです。

男のきもの大全
http://www.kimono-taizen.com/

「和服を心から味わうための、男のきもの情報サイト。」
というキャッチの通り、とっても丁寧な男の着物情報がたっぷり。

ごく普通のサラリーマンで、仕事着はスーツにネクタイの早坂さんが、
プライベートな時間のほとんどを着物で生活して集めた情報は
97年スタートで100万アクセス超えてます。

すごーー

「情報量多すぎて、もうーどっから見ていいかわかんない!」


ていう「男のきもの大全」初心者のためのポイント集
「男の着物入門」なんてのもあって、至れり尽くせりです。
http://www.kimono-taizen.com/biginner/biginner0.htm



男着物の着付けの仕方、かっこいい帯結びはもちろん、写真入の丁寧な解説。

●和服を着る
http://www.kimono-taizen.com/wear.htm


そして、褌(ふんどし)の締め方まで!

ごていねいに、作者の写真入でこと細かに丁寧に説明してくれちゃってます。

おしりまる見えですよ・・・(赤面)
http://www.kimono-taizen.com/wear/w_6fun1.htm


そこまでしなくってもいいかなって思いますが、
それくらいきめ細かい情報たっぷりってことなんです!


「男のきもの検定試験」は5級から1級まで。
まずは5級に挑戦してみよう♪
http://www.kimono-taizen.com/examination/examination_main.htm
posted by かな at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「男の着物を楽しもう!」

「着てこそ着物。もっと自由に楽しもう!」

と、男の着物自由派と題して深大寺さんが運営する、男の着物スタイルのHP、

「男の着物を楽しもう!」
http://homepage1.nifty.com/REDKING/

自由な着物姿の写真がたっぷり楽しめるサイトです。
みなさん、たのしそう!
posted by かな at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

『着物生活術〜和風おしゃれ美人〜きもので元気いい気分』♪

お気軽きもの生活コーディネーター・きらこ よしえさんによるメールマガジン。

お気軽きもの生活を送るための情報がぎっしりです。

よしえさんの着物をもっとたくさんの人に気軽に楽しんで着て欲しい、
という熱い気持ちが伝わってきます。

このメルマガが土曜日に届くと、読んでるうちに何だかそわそわして
たんすから着物を引っ張り出すことになるんですよ(笑)

『着物生活術〜和風おしゃれ美人〜きもので元気いい気分』♪

発行周期:週刊
着付和裁基礎講座。
普段着着物で楽しい和のスローライフを提案します。
リサイクル着物、アンティーク着物でキレイになる。
アイディア和装小物。和服リフォーム裏技も!
しきたりなしの着物道。

 サンプルと購読は http://www.mag2.com/m/0000143379.html


一人で着られないから・・・という方にはこちら。

『着物を始めたい!メールで簡単!着付けのおけいこ入門』
 サンプルと購読は http://www.mag2.com/m/0000156932.html

夏に向けて浴衣でお出かけするための着付け入門講座、もう始まってますよ!
posted by かな at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

竹蔵龍の電子矢文

「竹蔵龍の連子窓」(たけくらりゅうのれんじまど)の竹蔵龍さんが
新作準備のお話や日頃感じていることなどを綴るメルマガです。

ここでは等身大の竹蔵龍さんに会えます。

毎月プレゼントがあって、私も密かに申し込んでます。
毎月、結構いいもの当たってるみたいですよ!

【竹蔵龍の電子矢文】
「竹蔵龍」ふだん着物のためのキモノコモノ新作情報♪
 サンプルと購読は http://www.mag2.com/m/0000159179.html
posted by かな at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

きもの箪笥

着物本を発行されてる方のサイト、私もしょっちゅうおじゃましてます。
本の製作過程の裏話など、読んでたらついついとまらなくなってしまうんですよね。

本に書ききれなかった情報もかなり面白い。

「平成着物図鑑」
の著者君野倫子さんのサイト「きもの箪笥」。
裏話もあります。

彼女のお薦め本やDVDも、参考になりますよ。
posted by かな at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「着物美人」トップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。